女をいかせるテクニック

ヘッダー

女をいかせるテクニック

セックスのやり方トップ > 女をいかせるテクニック


<女をいかせるテクニック>

いく男いく男「彼女をイカせられないのが悩みです・・。」


姉やん
姉やん「イクことに対してメンタル的なブレーキがあるのかもね。女性は、イクことに対して{恐怖・不安・プレッシャー}があると、イクことができないの。気持ちの問題は、すごく大きい。」



いく男「ふーむ。どうしてメンタル的なブレーキがかかるのでしょう?」



姉やん「ひとつは、イッた経験がないからね。女性のオーガズムは強烈なので、はじめての時は、せっかくイキそうになっても、恐くてブレーキがかかってしまうの。1回経験すれば、恐くなくなるんだけどね・・。もうひとつは、イクことに対してプレッシャーを感じているからね。特に、男性がイカせようと必死になりすぎると、女性はプレッシャーになり、ますますイケなくなるのよね〜。」



いく男「イカせようと必死になりすぎたのが、逆効果だったかもしれませんね。」



姉やん「そうね。イクことをせかすのは禁物よ。まずは、彼女をリラックスした状態にしてあげてね!たとえば、『キスに時間をかける』『愛撫の時に「痛くない?」と聞く』。こうすることで、女性に安心感を与えられるわ。」



いく男「わかりました。参考にします!」



姉やん「・・あと、もうひとつ大事なことを言い忘れていたわ。」



いく男「何ですか?」



姉やん「彼女がイカないのは、膣が未開発である可能性が高い ということ。」



いく男「膣が未開発!?」



姉やん「うん。膣内の性感帯(Gスポットとポルチオ)は、開発されないと感じることができないの。通常は、オナニーや男性の愛撫によって膣が開発されていく。ところが、実際には膣が開発されている女性は少ないのよね〜。あるデータによれば、膣でイケる女性は全体の3割といわれているわ。」



いく男「じゃあ彼女は膣が未開発なのかな・・。その場合は、どうすればいいんですか?」



姉やん「クリトリスでイカせるようにしてみて。膣でイケない女性でも、クリならイケる場合がほとんどだからね。(クリでイケる女性は全体の7割以上。)具体的には、
(1)手マンをしてクリを攻める。
(2)イク寸前で、挿入する。
(3)腰をふりながら、手でクリを愛撫する。
という手順をふめばOKね。」



いく男「なるほど。膣のかわりに、クリで感じさせればいいわけですね。」



姉やん「そう。それに『クリで感じれば、膣でも感じやすくなる』という効果も期待できるわ。もちろん、クリばかりを攻めるだけでなく、膣を開発してあげることも、大切だけどね。」



いく男「膣の開発って難しそうですね。」



姉やん「時間がかかるかもね。開発のコツは、Gスポットをピンポイントで攻め続けること。まずは、手マンでGスポットをひたすら攻め続ける。(Gスポットは中指の第二関節を曲げたところにある。)激しい手マンはNG。やさ〜しく、淡々と同じリズムで刺激を与え続ける。次に、挿入したら、角度を調整して、ペニスがGスポットをあたるようにする。腰を動かす時は、カリでGスポットをこするようにする。これで、イカせられるんじゃないかしら!」



いく男「わかりました〜。家にかえって復習しておきます♪」



姉やん「がんばって♪すでにセックスの知識はかなりついているだろうから、あとは、本番の前に、動画を見てイメージトレーニングをしておくと完璧ね!セックスは右脳でするものだから、文章で理解するよりも、動画をみてイメージとしてインプットした方が効率がいいの。そうすれば、本番では、自然に手と体が動くようになる。焦って失敗することはないわね。」



いく男「動画ですか!?AVとか?」



姉やん「AVのセックスは間違っていることが多いから、お手本にするのはダメよ。正しいセックスの仕方を解説した{テンプレート動画}を見るのがいいわね。」



いく男「セックスのテンプレートみたいな動画があるんですか?」



姉やん「あるわよ。私も見たけど、かなり良かったわね〜。この動画を見てイメージトレーニングをしておけば、絶対イカせられるはず。」



いく男「マジですか!?くわしい感想を聞かせてください〜。」



つづき→ ■浜崎りおのセックステンプレート