クリトリスと膣のオーガズムの違い

ヘッダー

クリトリスと膣のオーガズムの違い

セックスのやり方トップ > sex豆知識 > クリトリスと膣のオーガズムの違い


<クリトリスと膣のオーガズムの違い>

いく男いく男「女性は膣以外でもイクことができるんですか?」

姉やん
姉やん「もちろん。膣以外だと、クリトリスのオーガズムがあるわね。一般的に、女性のオーガズムといえば、膣でイクこと、つまり挿入中にイクことを指すけど、実際には膣でイケる女性は少数派なの。」



いく男「え!?そうなんですか?」



姉やん「うん。クリトリスでイッた経験がある女性は約70%いるのに対して、膣でイッた経験がある女性はわずか約30%しかいない、というデータがあるわ。クリトリスでイク女性の方が多いわけね。」



いく男「それは意外だなあ。ところで、クリトリスと膣では感じ方に違いがあるんですか?」



姉やん「あるわね。クリトリスのオーガズムは、局部に鋭い快感を得る。まるで下半身がしびれた感覚になるわ。クリの場合、イクまでにあまり時間がかからないけど、比較的、快感が浅く持続時間が短い。」



いく男「ふむふむ。」



姉やん「一方、膣のオーガズムは、局部だけでなく全身に快感が広がるの。クリよりも、快感が深く持続時間が長い。(しかもイッた後の余韻も長い。)また、男性のペニスを受け入れていることもあって精神的な満足度が高いわ。」



いく男「つまり、膣の方が快感が上なんですね?」



姉やん「まあ、そういうことね。ただし、さっき言ったように、膣でイケる女性は圧倒的に少ないのよね。」



いく男「それはなぜですか?」



姉やん「クリトリスは神経が集中していて、もともと敏感な部分。だから、経験の浅い女性でもクリならイキやすい。一方、膣は、もともと鈍感にできている。膣内にもGスポットとポルチオという性感帯があるけど、これらは未開発だと感じることはできないの。つまり、クリは誰でも感じる『先天的』な性感帯であるのに対して、膣は『後天的』に開発される性感帯なのね。」



いく男「なるほど!では、女性が膣でイクためには開発をする必要がありますね?」



姉やん「そのとおり。膣でイケるようになるには、少しずつ経験を積んで開発していくしかないわね〜。」




(関連)■女をイカせる方法




sex豆知識